慢性疲労は身体のシグナル

慢性疲労は、肉体的な疲れや精神的な疲れなどで蓄積していきますが、その疲れをためすぎてしまうと、疲労感が取れない状態が続いてしまいます。慢性疲労を6か月以上継続して持っている場合は、慢性疲労症候群と呼ばれる病気だと判断することもでき、身体や思考力などに激しい疲労を生じ、日常生活が阻害されてしまう場合があります。 そのため、慢性的疲労の身体へのシグナルを見逃さないことが重要です。疲れたと感じることは、「休息が必要」というシグナルです。そのため、疲れたときには、きちんと休息をとったり、ストレスを解消することが非常に大事です。 慢性疲労で主に感じる症状は、首や肩のコリ、イライラしやすい、集中できない、体が重い・節々が痛い、やる気が出ない、憂鬱であるなどです。このようなことは、日常的ないろいろな場面で起こりますが、この慢性疲労を、身体の異常だときちんととらえて、何らかの処置をしておくことが重要です。その他にも、人に会うことが億劫であることや、食事がおいしくないこともシグナルの一つだと考えられます。 それらの疲労を放置しておくと、慢性疲労症候群になり、もっと大変な疲労感を感じてしまいます。この病気は、少し身体を動かしてしまうだけでも全身に疲労感を感じたり、睡眠不足、筋肉痛、原因不明の筋力低下、首やわきのリンパ節の腫れ、精神神経症状、のどの痛み、微熱や悪寒などを常に感じてしまいます。これらの症状の原因は不明であるので、治療が難しいので、このような症状にならないように、しっかりと予防しておくことも重要です。 そのため、ストレスに強くなることも重要です。規則的な生活をすることや毎日笑うようにすること、出来るだけ体を動かす、自然の中でリラックスするなどをすることが重要です。これらのことをすることで、慢性疲労のシグナルを発見しやすくなります。慢性疲労に鈍感な人は、メリハリがなく、疲れていることが当たり前に感じるようになってしまうので、疲れに敏感になることも重要です。

身体からのサインは

身体の疲労が蓄積されたサインとして、痛みにあらわれ ⇒ 詳細は見出し

Copyright(c) 2015 疲れを残さないためにお風呂に入る All Rights Reserved.