ただお風呂に入るだけは

1日の疲れをとるためにゆっくりお風呂に入ろう、と考える人は多いですが、ただお風呂に入るだけでは疲れはとれません。 それどころか寝つきを悪くしてしまったりしまいます。 せっかくの入浴時間、に疲れをとってリラックスするために、体に優しい入浴時間にしましょう。 入浴時の温水効果は血液のめぐりとともにリンパの流れを促進し、循環機能を改善する効果がありますが、湯が40度以上になると交感神経が活発になり寝つきを悪くしてしまうので、お湯の温度は38度から40度が適しています。 このぬるめのお湯でゆっくり体を芯から温めると、血管が広がり発汗が促されます。 このときにお風呂の水圧を利用して全身のマッサージを行うと、体にたまった老廃物を流してくれ、浮腫みの解消にもなり、疲労回復にとても効果的になります。 お風呂上りは発汗によってたくさんの水分が失われているので入浴後はしっかりと水分補給をしましょう。 まあ入浴前の水分補給はデトックス効果にもなるのでおすすめです。

Copyright(c) 2015 疲れを残さないためにお風呂に入る All Rights Reserved.