疲れを次の日に残さないために

疲れを次の日に残さないようにするためには、質の高い睡眠を取る事が大切です。質の高い睡眠を取るためには、夜にお風呂にゆっくりと浸かり体を芯から温める事が大切です。体がほぐれる事で心までリラックスできます。お風呂に入る時には、効果的に疲れを取り次の日に残さないようにするための入り方があります。出来る限りお布団に入る三時間位前に入るようにすると、寝る時には体温が下がる時間になるので、ぐっすりと眠れるようになります。入るタイミングは食前や食後30分は控えるようにしてください。お湯で体が温まると、皮膚に血液が回るため胃腸などの消化器系の動きがにぶくなってしまいます。疲れを取るためには食事の消化を助長することも大切です。お風呂のお湯の温度は、熱すぎると交感神経が必要以上に刺激されてしまいます。朝のお風呂では目を覚ます効果を持っているので適していますが、夜寝る前はリラックスするために39度前後のぬるめのお湯に浸かるのが良いです。次の日まで疲れが残らないようにするのにリラックスをするため、お湯の量はみぞおちあたりまでにし、半身浴をするのが効果的です。肩までお湯に入ってしまうと、水圧により横隔膜が持ちあげられてしまい、肺を圧迫してしまいます。そのため、呼吸をするのにいつも以上に筋力と体力を消耗してしまいます。肩まで浸かることにより余計に疲労してしまいます。お風呂で暖まりながら腕や肩、足や足の裏をマッサージすると、血行が良くなるので、血液の中にたまっている疲労物質を取り除けます。お風呂に浸かる時間は15分から25分位が適しています。入浴剤などを入れる事によっても疲労回復の効果と、リラックス効果を得る事ができるので、必要に応じて使うようにするのが良いです。急激に体が冷えると血圧の変化で体に負担がかかってしまうので脱衣場も温めておくようにすると、湯上りもすっきりとできます。心地よいお風呂に入ることで質の良い睡眠ができるので疲れも取れます。

休みを万全に迎える

お風呂にゆっくりと浸かることで、体の疲れが ⇒ 詳細は見出し

Copyright(c) 2015 疲れを残さないためにお風呂に入る All Rights Reserved.